スタンディング手帳カバー

10/18(土)クラフトカフェにて手帳カバーのワークショップを行います。
詳細はこちら→手帳カバーのワークショップ開催します。ジブン手帳にピッタリ☆
お申込みお待ちしております。

宣伝も手帳カバー、1つ前の生地も手帳カバー、そして今回も手帳カバー。
手帳カバーの研究にハマってます。

研究の中一番の品です!
久々に完成後ニンマリするものが出来ました。

【パターン】オリジナル
【生地】フェイバリットカラーキャンバス ベージュウエストファーレンストッフ リス ★無地、プリントどちらもワークショップでもお選び頂ける生地です。

パッと見はワークショップサンプルで作ったカバーと同じです。

ジブン手帳に合わせてちょっと幅を狭くしました

厚紙部分は2cmくらい幅を狭め、ペンホルダーのためにフラップと背表紙をつなぐマチを多めに取りました。

そのため全体の長さは少し短くなっただけ。

このあたりはA5スリムというジブン手帳のサイズに合わせただけ。
A4二つ折りが挟めなくなるのは不便ですが少しでも省スペースにしたくて。

ニンマリしたのはこのサイズのことではありません。
この形状です!↓

表紙、裏表紙が2枚構造になっていて、広げると立てることが出来ます!

フラップがぶら~んとしないよう背表紙にくっつくようにしました。
(フラップにはマグネット、背表紙には金属板を埋め込んだ)

会社員の頃、手帳を活用せず卓上カレンダーに殆ど予定を書き込んでました。
グループウェアも使ってましたがPC離れると見られないので手帳のごとく卓上カレンダーに書き込み。
打ち合わせにも卓上カレンダー持参(笑)
当時から卓上カレンダーと手帳が融合したらいいのに、と思っていました。
その思いから10年の現在、それが実現しました!もう会社員じゃないけど。

ツイッターでジブン手帳をブックスタンドに立ててる、というツイートを見たのも影響してます。
A5スリムというこのサイズ、立てておくと卓上カレンダーのように見渡しやすいです。

開きすぎないようサテンリボンを挟んであります。

このリボンの幅以内なら好みの角度に出来ます。布は滑りにくいので大丈夫。

立てるとどうしてもページが浮いてしまうので下の角に平ゴムをつけて押さえられるように。

表紙二重構造を思い付いてアドレナリンでまくりで設計、試作。
初めは通常のカバーにスタンド用の厚紙を上でつなぐだけ、という考えでしたが
それだとスタンド用の部分がブラブラしてしまうことに気付き考え直し。

表紙はスタンド側にマグネット埋め込み、
裏表紙は本体側ではなく、スタンド側にフラップをつなげることで
閉じたときに表紙、裏表紙どちらもスタンドがブラブラしなくなりました。

もう、これ特許取っちゃう?意匠権取っちゃう?ってくらい自分では大発明でした。
ちなみにこうやってネット上に公開すると特許も意匠権も取れなくなります。私も他人も。
著作権だけは申請に関係なく発生しますが。
弁理士事務の仕事してた友人に教えて貰いました(^-^)
こうやってすぐに見せたがる私には特許や意匠権は難しいわ(^^;

表紙のエンボスは中の絵柄に合わせてリスの絵を。
IIIust ACさんより画像を拝借しました。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

お知らせ

mini金庫のキット、レシピ販売は5/26(金曜)22時販売開始です。日程以外の詳細はこちらをご覧ください↓
>>mini金庫-カルトナージュレシピ<<
--------------------
現在ワークショップの予定はありません。

スポンサードリンク
レンクタングル(大)
プロフィール
埼玉県在住。つくること大好き。 「使いたいから作りたい」の実用主義。 カルトナージュはレシピ作成、作品販売、講師。ソーイングは型紙&レシピ作成、作品販売。 作品販売はminneにて→https://minne.com/sakiushi、型紙&レシピ販売はDLmarketにて→DLmarket 咲牛印
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
スポンサードリンク
レンクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です