手作りiPadケース☆機能性と作業時間を考えた自宅用。

本日2回目の更新です。

数ヶ月前に友人に中古のiPadを格安で譲って頂きました。
4年物のiPhone4を使っている私にとっては中古でもiPhone4より新しく、初期化されているiPadは大画面でサクサク動いて快適極まりない最高な品です。

そのiPad、譲っていただいた時には使い勝手の良いケースに入ってました。
仕事用だったそうなので可愛さらしさはありませんでしたが、スタンドできるケースで便利でした。
しかし、ケースの一部が壊れていたので早々にサヨウナラ。

スタンドできないとやっぱり不便なのよね。
これは、うん、やっぱり、、、カルトナージュで自作だ!!

【パターン】オリジナル。形は市販品を参考に。
【生地】Animal Runway パネル柄 オフホワイト

自分用なので採寸も作るのもテキトーに。使い勝手と表紙の布だけはこだわりました。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

布は商用利用禁止のため眠らせていたアニマルランウェイのパネル生地。
どの部分も可愛くて無駄にしたくなくて切り取るのが難しかったです。

内側は広げるとこうなってます↓見えなくなる部分にも贅沢にアニマルランウェイの生地。

iPadをはめるために四つ角に太い平ゴムを。
格好よく作るならiPadにぴったりの箱型、それもジャック部分に穴をあけたものにすべきですが
自分用なので短時間で作れることを優先しました。

右の3本の線は角度を保つためのストッパーです。
ピンクのブレード2本と布の耳。
布の耳はあまりに可愛かったので使ってみました♪

3段階に角度が変えられます↓

実はブレード無くても滑らないのでどの角度でもとまります(笑)

表側を広げた様子↓

裏表紙はスキバル(革調紙)を使用。
一番よくテーブルに当たる部分なので多少の汚れはふき取れて、汚れが付着しても目立たないといいな、と思って。

 カメラ穴もあけてますよー。ゴムで留めているので位置によってはずれちゃいますが(^^;
自分用なので深く追求しない。

スナップボタンを付けたので持ち運び時に開いちゃう心配ナシ☆
Wifiないと使えないから持ちださないんだけどね。

iPadの厚みが1cmくらい。背表紙は1.5cmあればいいかな、とテキトーに作ったらパンパンに(^^;
厚紙、布、ゴムの厚みを舐めてました。
閉じられるからいっか。←自分用はとことんテキトー

形は市販品を参考にしてるので難しくありませんが、
面積が広いので時間はかかりました。合計3,4時間くらい。テキトーでこの作業時間。

完成度は低くともお気に入りの布で願った通りの機能性のものが完成して満足満足(^-^)

2015.07.23追記
このiPad2のケースの手書き設計図を次の生地にUPしています。
ひまわり模様のエルゴカバー&ヨダレカバーセット/iPadケースの設計図

お知らせ

mini金庫作成キット、mini金庫オーダーをminneで販売です↓
>>咲牛印のギャラリー<<
——————–
現在ワークショップの予定はありません。

スポンサードリンク
レンクタングル(大)
プロフィール
埼玉県在住。つくること大好き。 「使いたいから作りたい」の実用主義。 カルトナージュはレシピ作成、作品販売、講師。ソーイングは型紙&レシピ作成、作品販売。 作品販売はminneにて→https://minne.com/sakiushi、型紙&レシピ販売はDLmarketにて→DLmarket 咲牛印
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
スポンサードリンク
レンクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です