紙芝居の枠、作れちゃう

「将来の学力は10歳までの読書量で決まる」を読んだので勢いで紙芝居の枠を作りました。

読書は大切
 ↓
基本は読み聞かせ
 ↓
聞いてくれない子でも紙芝居は好き
 ↓
紙芝居の枠を使うと気分が上がる

ってことが書いてあり無性に作りたくなったのです。
読み聞かせよりも枠を作る方が楽しいのです。←だめじゃん。

しかし、子ども(6歳、8歳)は予想以上に飛びつき、ニコニコ聞いてました。
この紙芝居は6歳チョイス。
ジャンケンをして、負けたら変顔をするという内容で、盛り上がります。ナイスチョイス!

紙芝居は大きいので子どもが「ぼくが読んであげる」と言っても持つのが大変。
枠があれば子どもが読む時にも楽です。

内側貼ってないから見栄えはイマイチだけど、使える!
思い立った時に作れる、それがハンドメイドの魅力です。
こういうときが一番楽しいです♪

完成したあとにくぼみをつける面を間違えたことに気づきました(^_^;)ちょっと引き抜きにくい。

お知らせ

型紙の印刷版はminneで販売です↓
>>咲牛印のギャラリー<<
——————–
10/24(火)と11/8(火)にカルトナージュワークショップ開催します。詳細とお申込みは下記より↓
>>マグネットフラップのカードボック<<

スポンサードリンク
レンクタングル(大)
プロフィール
埼玉県在住。つくること大好き。 「使いたいから作りたい」の実用主義。 カルトナージュはレシピ作成、作品販売、講師。ソーイングは型紙&レシピ作成、作品販売。 作品販売はminneにて→https://minne.com/sakiushi、型紙&レシピ販売はDLmarketにて→DLmarket 咲牛印
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめ記事
スポンサードリンク
レンクタングル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です